新規事業はM&Aで手に入れよう

新規事業を考えているのであれば、一から始めるよりもM&Aを検討してみるのも良いでしょう。新規事業が軌道に乗るまでは時間がかかることが多いですが、M&Aで既に出来上がったものを購入してしまえば、すぐにでも売上が上がります。また、既存の事業とのシナジー効果も生まれやすいです。しかし、最近では違った意味合いでも利用されるようになってきました。それは中小零細企業の事業承継です。親族内に承継者が見当たらない場合には、中小零細企業は外に後継者を求めなければなりません。その際、企業ごと買ってもらうことが有効な手段となるのです。売る側は事業が存続する上に、一緒に事業を行なってきた従業員の雇用を守ることができます。また、株式を現金で買い取ってもらうことが出来れば、経営者の相続人である親族は相続税の納税資金で苦しむこともなくなります。事業承継のためのM&Aであれば、買収というイメージよりも救済というイメージが大きくなります。中小零細企業は、経営者として適格な人材を内部に確保していることはなかなかありません。現経営者が引退した後で、経営を引き継いでくれる人が来てくれれば、従業員にとってもありがたいことなのです。

M&Aなら新規事業が手掛けやすい

新規事業を始めるにあたっては、M&Aを検討してみるのも1つの選択肢と言えます。特にノウハウが必要な場合や高度な技術が伴うものの場合には、自らが1から手がけるよりも、技術やノウハウを持っている企業を買収することで、事業を軌道に乗せるまでの時間を圧倒的に短縮させることができます。M&Aと言うと、大企業が行うものと考えがちですが、最近では、中小零細企業にもだいぶ浸透して来ました。これには2つの理由があります。1つは、後継者に悩む企業が多くなってきたということです。親族が継いでくれなかったり、社内従業員に経営者としての能力に長けている人がいない場合、自分の会社の外に事業を引き継いでくれる人を求めることになります。つまり、自分の会社を売却することを考えなくてはならなくなるのです。2つ目の理由は、このようなニーズを捉えて、比較的小規模な会社同士の合併や買収でも仲介してくれる会社が現れてきたことにあります。ノウハウを持っている仲介会社がアドバイスをしてくれることによって、他の会社に売却するということがしやすくなりました。買う側も小粒ながらも新規事業を手がけやすくなりました。今後も小規模なM&Aは増えていくことが予想されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*