新規事業に有効なM&A

企業が新たな新規事業を展開する際にM&Aという方法を取るのは多くのメリットがあるからなのです。新規事業を始める場合、その新しい事業のノウハウを企業内が持っていない場合、その新しい事業が成功するかは未知数になります。こういった状況において、既にその新しくはじめようとする事業で成果をあげている会社をM&Aで買収、吸収できれば、新しくはじめようとしている事業のノウハウをその買収した会社から得ることが出来るのです。事業ノウハウを得ることができれば、その新しくはじめようとする事業の成功の確度が上がるのは明白です。会社の買収はお金が掛かりますが、その買収によって事業のノウハウを得ると考えると、その先の成功の確率も合わせ、大きなメリットがあるのです。また同じ事業をしている会社を買収すると言うことは、同一事業のライバルを一社減らすことにもなるのです。その新しくはじめようとする事業が競争原理の働くような事業であれば、一社ライバルを減らすと言うことは成功の確率をあげることにもなるのです。このように新規事業を始める際に同一の事業を既にしている会社をM&Aで買収することで事業のノウハウを得ることができ、ライバルを減らすと言うことが出来るメリットがあるのです。

新規事業展開をM&Aで行う

企業は、本業に経営資源である人、物、金を投入して、収益の柱にしていきます。本業だけで企業が成り立つのであればいいのですが、今後の企業の将来を考えた時、新たな収益の柱となる事業が必要になるケースがあります。新規事業を起こす時、関係した分野への進出であれば、いいのですが、全く関係のない分野ですが、成長が見込める分野への進出は、人、資源、ノウハウ、技術などがすぐに必要になるのです。しかし、人、資源、ノウハウ、技術はすぐに身につくものではなく、長い時間の研究による蓄積なのです。その技術、ノウハウ、人を手に入れる方法としてM&Aによる企業買収があるのです。進出する分野の企業を買収することで、必要なノウハウ、技術、人を手に入れるのです。もちろん、そこに対して新たに資金を投入して、事業を強化することをしますが、ベースとなるのはM&Aで買収した企業の社員なのです。そうして新規事業を立ち上げて、企業が成長するとともに新たな事業の柱として成長させるのです。技術は日進月歩で進化していきます。それについて全く知識、技術のない企業が学び、技術、知識を蓄積していくのは企業にとっては時間とお金がかかるのです。早く事業化するためにもM&Aは必要な手段なのです。